rssアイコン

着物や浴衣のレンタル・通販・リサイクル *着物浴衣屋*

七五三の着物や成人式の振袖、卒業式の袴から浴衣や帯、キッズ・ジュニア・男物まで和服を幅広く販売、新品・レンタル・リサイクル・中古・アンティーク・USED着物通販。



パーティ着物・振袖・訪問着、販売・レンタル
七五三着物レンタルリサイクル中古
卒業式袴着物、販売・レンタル・リサイクル
成人式振袖
七五三・五歳男児 七五三・5歳男児・着物フルセット


★七五三・五歳男児

関連タグ: 着物 セット 新品 七五三 

着物の染色の種類 - きもの豆知識

友禅(ゆうぜん)
日本の代表的な染色方法。
糊置き防染(染めない部分に糊(のり)を塗る)手法を用いる。
手描きの他、現在は型紙を使用した型染めやプリントもある。

江戸小紋(えどこもん)
遠くからは無地に見え、近くで見ると繊細で豪華な模様が特徴です。
高度な技術で作られた型紙で染めるのも江戸小紋の特徴です。
江戸時代に幕府から派手な裃(かみしも)を禁止された諸大名が隠れたお洒落として広めたと云われています。

絞り染め(しぼりぞめ)
布地の一部を糸で縛る(絞る)事により、染色液が入らないようにしてアクセントを加える染色方法。
日本以外にも世界各地に伝統的産地があります。

辻ヶ花(つじがはな)
室町時代から桃山時代の一般的な染色方法。
江戸時代に入ると友禅染めが発展したために急速に廃れますが、
絞りを主体とした現代の染め方法として復活しています。

紅型(びんがた)
沖縄の伝統的な染色方法。
南国らしい多彩な色彩模様が特徴です。

更紗(さらさ)
インドから世界に広まった染色方法。
インド以外で有名なところでは、ジャワ・ペルシャ・シャムなどがあります。
日本にも安土桃山時代に伝わり和更紗と呼ばれます。
異国風や民族調の文様が特徴的です。

草木染め(くさきぞめ)
合成化学染料に対し、天然染料で染める手法の総称。
天然の素朴な色合いが魅力です。

ろうけつ染め
糊ではなく蝋で防染する染色方法。
乾燥した蝋にヒビを入れる事により独特な模様を作る事も多い。

着物の紋について - きもの豆知識

紋の数
一つ紋・三つ紋・五つ紋があり、多くなるほど格式が高くなります。

紋の位置
一つ紋は、背紋(背中の左右中央縫い目上、高さは衿から1寸5分)
三つ紋は、背紋+袖紋(袖巾の左右中央、高さは袖山から2寸)
五つ紋は、背紋+袖紋+抱紋(前身頃の左右中央、高さは肩山から4寸)

紋の用途と着物の関係
一つ紋は、色無地・訪問着・附下げ・江戸小紋などに付け、カジュアルな用途に用います。
三つ紋は、色留袖・色無地などに付け、略礼装に用います。
五つ紋は、黒留袖・色留袖・喪服・黒振袖などに付け、格式のある場面で用います。

紋付の方法
染め抜き紋、縫い紋、貼り付け紋などの方法があります。
染め抜き紋は、生地の段階から染み抜く最も格式が高い紋。
縫い紋は、別布に刺繍した紋を縫い付ける略式紋。
貼り付け紋は、接着タイプの簡易紋。

紋の表現方法
日向紋(陽紋・表紋)と陰紋などがあります。
日向紋(ひなたもん)は、紋の形を白く染め抜く格式の高い表現。
陰紋(かげもん)は、紋の輪郭を染め抜いたもので略式。

紋のまとめ
上記の組み合わせから、最高の格式は「染め抜き日向五つ紋」となります。
紋は着物の格上げアイテムのようなものです。
色無地などマルチに着用できる着物は、一つ紋から三つ紋に増やす事で格を上げる事ができます。
また、着物の格式や用途に合わせて用います。
カジュアルな着物に五つ紋や、逆に格式のある場面で着用する黒留袖に一つ紋はおかしいという事になります。

代表的な行事と着物
■子供の行事(お宮参り・七五三・入学式・十三参り)と着物
行事・立場着物の種類
お宮参り(生後30日前後)一つ身のお祝い着
七五三(男児3歳)一つ身~三つ身の着物、羽織
七五三(男児5歳)三つ身~四つ身の着物、羽織、袴
十三参り(男の子数え年13歳)紋付、袴、羽織
七五三(女児3歳)一つ身~三つ身の着物
七五三(女児7歳)四つ身または本裁ち四つ身の着物、中幅帯
十三参り(女の子数え年13歳)本裁ち四つ身、小振袖、振袖
親の着物訪問着、附け下げ、色無地、江戸小紋
■その他の慶事で着用する着物
行事・立場着物の種類
還暦祝い等の長寿のお祝い
金婚式等の記念日
訪問着、色留袖
■独身・未婚者の着物
行事・立場着物の種類
成人式振袖
謝恩会振袖
卒業式染着物・袴
本人の結納式振袖、訪問着
本人の結婚式・披露宴振袖
■結婚式や披露宴に出席する時の着物
行事・立場着物の種類
独身・未婚なら振袖(新婦より格上にならないように注意)
親として出席黒留袖
親戚として出席黒留袖、色留袖、色無地
友人・知人として出席色留袖

女性の場合、袴を履く機会が少ないため卒業式には是非袴の着用をお薦めします。結婚前は振袖、以降は訪問着と留袖があればほとんどの行事に対応できますね。
着用できる期間が限られる振袖はレンタル、訪問着や留袖はリサイクル着物もおすすめです。また、男性はほとんどの行事において、紋付袴・羽織を着用します。

年中行事とプレゼント、季節の着物
月別 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月
着物着用が
粋な行事

プレゼント
贈り物
桃の節句
ひな祭り

卒業式
花祭り

入学式

十三参り
4月13日
前後1ヶ月
端午の節句
子供の日

母の日
第2日曜日
和装小物
夏祭り

父の日
第3日曜日
甚平・
作務衣
七夕

祇園祭
お盆
盆踊り

お祭り
花火大会
中秋の名月

敬老の日
第3月曜日
甚平・
作務衣
十三夜

紅葉狩り
七五三
11月15日
前後1ヶ月
大晦日

クリスマス
お正月や
ひな祭りの
着物を孫に
プレゼント
お正月

成人式
成人の日
第2月曜日
節分

針供養

涅槃会
普段着など
季節の着物
の種類


単衣
単衣 夏着物
絽・麻・紗
などの薄物
夏着物
絽・麻・紗
などの薄物

浴衣
薄物

単衣
基本は季節に合った色や柄を選択しますが、実際の季節より半月から1ヶ月ほど先取りして着るのが粋です。
また、彩りの少ない時期に敢えて華やかな色柄を着るという全く逆のケースも粋とされています。
この事からもわかるように、決まりごとは有って無いようなものなので、自由に着物を楽しみましょう。
季節の着物の種類を簡単にまとめると
7月,8月 薄くて透ける素材の着物や浴衣
6月,9月 裏地の無い単衣
それ以外 裏地のついた袷

NEW ITEM 新着着物