rssアイコン

着物や浴衣のレンタル・通販・リサイクル *着物浴衣屋*

七五三の着物や成人式の振袖、卒業式の袴から浴衣や帯、キッズ・ジュニア・男物まで和服を幅広く販売、新品・レンタル・リサイクル・中古・アンティーク・USED着物通販。



パーティ着物・振袖・訪問着、販売・レンタル
七五三着物レンタルリサイクル中古
卒業式袴着物、販売・レンタル・リサイクル
成人式振袖
成人式の振袖】  中古・リサイクル  レンタル・貸衣装(現在のページ)  販売・通販
成人式の振袖 レンタル・貸衣装

[貸衣裳・レンタル・振袖のメリット] 着物を購入した場合、まず保管が大変です。また、振袖などは妹や親戚、将来の娘や孫に着せる事もできますが、サイズや流行に合わないといった問題が出る可能性があります。その点、レンタルなら流行りのカラーや柄を着る事ができます。それになんといっても安い!一度しか着る予定がないのならば、断然レンタルをおすすめします。中古やリサイクルの場合は振袖単品が多いですが、レンタルの場合は着付けに必要な紐や小物が全て揃ったフルセットレンタルが主流なので、買い忘れの心配も無く、着物に不慣れなご家庭でも安心です。振袖の需要は成人式がピークとなりますので、好みのデザインを着たい場合は早めに予約したほうがいいですね。

成人式の振袖、レンタル・貸衣装 商品一覧

振袖とは
振袖(ふりそで)は、着物の種類のひとつで、現在は未成年の未婚の女性が着用する着物として、一般的に認識されています。
最大の特徴は袖が長い事で、未婚女性における第一礼装とされています。
若い女性に合うように豪華で派手な模様や柄が多く、成人式や披露宴・パーティーなど、めでたい場面で着用します。

成人式の振袖
振袖着用の行事として、最も広く認識されているイベントは成人式です。
成人式は人生で一回きりのイベントです。
二十歳という女性にとって最も美しい時期に綺麗な振袖を着る事はとても記念になります。
格調高い着物に包まれた初々しい成人式の晴れ着姿を是非写真に残しておきましょう。

成人式は人生で一度きりの晴れの舞台なので、本来は新品の振袖が望ましいですが、
逆に考えると1回しか着ない物にそんなにお金をかけていられないという考え方もあると思います。

そこで、中古やリサイクルの振袖 を成人式にはお薦めします。
振袖は、着用できる機会も少ないため、「成人式用に買ったけど、もう着る機会ないなぁ・・・」
といった具合に良質のリサイクル品が数多く出回っています。
着物の流行はそれほど早く動きませんので、今どきの振袖も多く出品されています。
展示会やレンタルで数回しか着用していない中古の振袖もあります。
また、敢えて古い時代のアンティーク着物を成人式に着るのも粋です。
予算が少なければ中古やリサイクルの振袖も検討しましょう。

もうひとつ、予算を抑える方法として レンタルの振袖 を利用するという手もあります。
記念だと割り切れば、レンタルでも十分です。
1回きりの成人式で振袖姿を披露し、記念写真を残せたらそれでいいのです。
振袖は残らなくとも写真と思い出は残ります。
着物を購入した場合は保管が大変です。
また、振袖を購入した場合は妹や親戚、将来の娘や孫に譲る事もできますが、
サイズや流行に合わないといった問題が出る可能性があります。
その点、レンタルなら流行りのカラーや柄を着る事ができます。
それになんといっても安い!成人式で一度しか着る予定がないのならば、断然レンタルをおすすめします。
振袖の需要は成人式がピークとなりますので、好みのデザインをレンタルしたい場合は早めに予約をしましょう。

振袖の特徴
その名の通り、袖が振れるほど長い事が最大の特徴です。
袖と言っても、手が隠れる方向ではなく、腕を広げた時の下側にあたる袂(たもと)の事です。
地面につきそうなくらい長い袂の振袖もあります。

振袖の起源
江戸時代に若い女性が着物の袖を長くするのが流行し、振袖が生まれました。
袖が長くなると着飾る面積が増えるためファッション性重視の若い女性たちが、どんどん袖を長くしていきました。
ただし、袖が長くなると動きにくいため、普段着としては定着せず、晴れの日だけに着用するようになりました。
また、日本舞踊などの町民文化が発展し、袖が長いほうが踊りが大きく見えて映えるという理由もあったようです。
振袖は元々は男性も着用していましたが、明治時代に入ってから、未婚女性の着物として定着しました。
ただし、未婚女性以外の人が着用する事はタブーというわけではなく、誰が着ても問題はありません。

振袖の種類
袖の長さにより大振袖、中振袖、小振袖の3種類があります。
袖が長いほど格調が高いとされ、大振袖は成人式や結婚式の花嫁さんなど、その日の主役の女性が着用します。
中振袖は、成人式や各種パーティ、結婚式への出席時に未婚の女性が着用します。
小振袖は気楽なパーティやちょっとしたおでかけ時に着用します。
ただし、現在では女性の身長が大きくなったために、従来サイズの小振袖はあまり流通しておらず、
身長に相対して大振袖でも昔の中振袖程度の長さに見えるため、大振袖が振袖の主流となっています。

晴れ着としての振袖の格式
未婚の女性にとっては、格式の高い留袖や訪問着に相当する着物が振袖です。
祭事や儀式など晴れの舞台で着用する第一礼装とされています。
また、振袖には長い袖で厄を振り払うという意味もあります。
そのため、成人式という晴れの門出にはピッタリの着物なのです。
必然的に振袖は色や柄が華やかな着物が多く、金銀をあしらった豪華な振袖も人気があります。
帯も振袖に合わせて格調の高い帯を選びましょう。

★成人式の振袖

関連タグ: 着物 成人式 振袖 レンタル 貸衣装 

着物の種類 - きもの豆知識

振袖
未婚女性の第一正装。
袖の長いほうから、本振袖・中振袖・小振袖とあり、本振袖が一番格式が高いです。
格調の高い模様が好まれます。

黒留袖
既婚女性の第一正装。
黒地で裾に豪華な模様があしらわれた染め抜き五つ紋付の着物です。
結婚式などお祝いの席で当事者に近い親族や仲人さんが着用します。

色留袖
既婚女性の第二正装。
黒以外の地色で裾に模様があしらわれた五つ紋(または三つ紋)付の着物です。
お祝いの席や甥・姪・従兄弟など少し離れた親族の結婚式などで着用します。

訪問着
未婚・既婚関係無く、幅広く利用できる女性の社交着。
振袖や留袖の次に格式が高い着物です。
絵羽と呼ばれる縫い目をまたぐ絵柄が特徴で、着た時に絵柄が繋がるようになっています。
パーティーや華やかな行事で着用します。

附下(つけさげ・付下・附け下げ・附下げ・付け下げ・付下げ)
ちょっとしたお出かけ着。
訪問着の次に格式のある着物で、用途も変わりません。
物によっては訪問着と同等の格式があります。

小紋
一般的なおしゃれ着。
上下関係無く全体に模様の入った反物から作られる着物。
初詣や観劇、ちょっとしたパーティーなどで着用します。

色無地
1枚は持っておきたい簡素なマルチ着物。
無地で柄が無い分、それ以外の要素で格式や用途を変える事ができます。
紋の数や合わせる帯などで格式が変わり、色によっては慶事・弔事両方で着用できます。

代表的な行事と着物
■子供の行事(お宮参り・七五三・入学式・十三参り)と着物
行事・立場着物の種類
お宮参り(生後30日前後)一つ身のお祝い着
七五三(男児3歳)一つ身~三つ身の着物、羽織
七五三(男児5歳)三つ身~四つ身の着物、羽織、袴
十三参り(男の子数え年13歳)紋付、袴、羽織
七五三(女児3歳)一つ身~三つ身の着物
七五三(女児7歳)四つ身または本裁ち四つ身の着物、中幅帯
十三参り(女の子数え年13歳)本裁ち四つ身、小振袖、振袖
親の着物訪問着、附け下げ、色無地、江戸小紋
■その他の慶事で着用する着物
行事・立場着物の種類
還暦祝い等の長寿のお祝い
金婚式等の記念日
訪問着、色留袖
■独身・未婚者の着物
行事・立場着物の種類
成人式振袖
謝恩会振袖
卒業式染着物・袴
本人の結納式振袖、訪問着
本人の結婚式・披露宴振袖
■結婚式や披露宴に出席する時の着物
行事・立場着物の種類
独身・未婚なら振袖(新婦より格上にならないように注意)
親として出席黒留袖
親戚として出席黒留袖、色留袖、色無地
友人・知人として出席色留袖

女性の場合、袴を履く機会が少ないため卒業式には是非袴の着用をお薦めします。結婚前は振袖、以降は訪問着と留袖があればほとんどの行事に対応できますね。
着用できる期間が限られる振袖はレンタル、訪問着や留袖はリサイクル着物もおすすめです。また、男性はほとんどの行事において、紋付袴・羽織を着用します。

年中行事とプレゼント、季節の着物
月別 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月
着物着用が
粋な行事

プレゼント
贈り物
桃の節句
ひな祭り

卒業式
花祭り

入学式

十三参り
4月13日
前後1ヶ月
端午の節句
子供の日

母の日
第2日曜日
和装小物
夏祭り

父の日
第3日曜日
甚平・
作務衣
七夕

祇園祭
お盆
盆踊り

お祭り
花火大会
中秋の名月

敬老の日
第3月曜日
甚平・
作務衣
十三夜

紅葉狩り
七五三
11月15日
前後1ヶ月
大晦日

クリスマス
お正月や
ひな祭りの
着物を孫に
プレゼント
お正月

成人式
成人の日
第2月曜日
節分

針供養

涅槃会
普段着など
季節の着物
の種類


単衣
単衣 夏着物
絽・麻・紗
などの薄物
夏着物
絽・麻・紗
などの薄物

浴衣
薄物

単衣
基本は季節に合った色や柄を選択しますが、実際の季節より半月から1ヶ月ほど先取りして着るのが粋です。
また、彩りの少ない時期に敢えて華やかな色柄を着るという全く逆のケースも粋とされています。
この事からもわかるように、決まりごとは有って無いようなものなので、自由に着物を楽しみましょう。
季節の着物の種類を簡単にまとめると
7月,8月 薄くて透ける素材の着物や浴衣
6月,9月 裏地の無い単衣
それ以外 裏地のついた袷

NEW ITEM 新着着物